せたがやこどもプロジェクト2016 キッズ・ミュージカル「ワンサくん」上演決定&オーディション開催
2016年01月20日


(C)Tezuka Productions



 多くの作品が舞台化され、多くの観客を魅了している手恷。虫作品。その中でも『ワンサくん』は過去一度も上演されておらず、平成のこの時代ではまさに”知る人ぞ知る”名作。その『ワンサくん』を原作としたキッズ・ミュージカルを、夏休みの特別企画「せたがやこどもプロジェクト」の一環として、シアタートラムにて上演する事が決まった。
 演出は、ダンスカンパニー・コンドルズのメンバーであり宇宙レコード主宰、現在はNHK教育テレビでも活躍し、子ども番組「みいつけた!」の“オフロスキー”役が人気を集めている、子ども向けエンターテインメントの実力派、小林顕作氏、脚本は劇団『ブルドッキングヘッドロック』を自ら中心となって旗揚げし、作・演出を手掛ける一方、映画「桐島、部活やめるってよ」にて第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞するなど、人間の心の機微を鋭く描く作家として注目を集めている若手脚本家、喜安浩平氏が担当する。
 キッズ・ミュージカル『ワンサくん』は、ワンサ役の他、様々な個性溢れるお仲間の犬役のオーディションが決定し、1月22日より、WEB『Deview/デビュー』及び公式ホームページにて発表される模様だ。


■演出:小林顕作氏からのコメント
みなさんは「ワンサくん」をご存じですか?手恷。虫先生が描かれた短編のマンガで、アニメでも放映していたのです。それを当時僕は観ていて、ワンサくんがとてもかわいそうで号泣してしまい、深く心に刻まれた作品なのです。そんな心に強く残っている作品を、まさか自分が舞台化する運びになるなんて!みなさん、これは運命の出会い、いや、再会です!僕はこのワンサくんを、いっぱい笑って、いっぱい騒いで、そして、ホロリと泣いてしまう、最高の夏休みになるミュージカルにします!絶対。
だって、ワンサくんとの運命の再会ですから!


■『ワンサくん』とは
『ワンサくん』とは、元々は三和銀行のマスコットとしてデザインされた「ワンサ」を主人公にして、虫プロ商事から刊行された「てづかマガジンれお」に創刊号から連載された作品です。10円で売られ母親と離れ離れになったワンサが脱走して野良犬となり、多くの野良犬仲間と出会う事から始まります。残念ながら漫画は未完となっていますが、その後虫プロ最後のテレビアニメ作品として『ワンサくん』が放映され、多くの子供たちに夢を与えたものとなりました。


■オーディション情報
ワンサ役 他、下記の様々な個性溢れるお仲間の犬役を大募集。

【募集要項】
小学生〜中学1年生の元気で明るい男の子・女の子。
※舞台・ミュージカル経験は問いません。
詳細・申込方法は1月22日よりWEB『Deview/デビュー』及び公式ホームページにて発表。
WEB『Deview/デビュー』公式ホームページ: http://deview.co.jp/




<公演概要>

せたがやこどもプロジェクト2016 キッズ・ミュージカル「ワンサくん」


公演期間:2016年8月

劇場名:シアタートラム

原作:手恷。虫『ワンサくん』

演出:小林顕作

脚本:喜安浩平

提携:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター

後援:世田谷区 世田谷区教育委員会

企画協力:手怎vロダクション

主催・製作:ネルケプランニング

詳細ページURL: http://www.nelke.co.jp/stage/wansa_stage/