■OVERTURE賞とは

 ジュニアミュージカルとは、主に小中高生のジュニア世代のキャスト中心に行なわれるミュージカルの総称で認識されるが、特に決まった定義がある訳ではない。ジャンルとして確立されるのは1986年のミュージカル「Annie」とされているが、それ以前にも1980年にシンガーソングライターの小椋佳氏のプロデュースによるNFC(ニューヨーク・ファイアー・クラッカーズ)のミュージカルショー「Turn On The Heat」等が上演されている。 「Turn On The Heat」はブロードウェイの子役達による公演ではあるが、後の1987年に幕を開けるアルゴミュージカルの原点となる。
当初は、ミュージカルに対応できる子役も少なく、キャスティングも固定化傾向が強かったが、公演を重ねるたびに子供達の数とレベルは飛躍的に向上していった。
1991年には、南青山少女歌劇団が結成され、アイドル的に世間の注目も浴びるようになるが、ブームと言うところまでは至らなかった。1997年に、作品の質に比重を置いたミクロコスモスも結成されるが、現在では共に活動を休止している。劇団形式のジュニアミュージカルは、芸能スクール系や地域密着型の劇団以外は難しい状況であり、近年ではプロデュース公演が中心となる。今後もジュニアミュージカルがジャンルとして存在していくには、興行的な問題やミュージカル「Annie」だけに依存した状態からの脱却。育成を担うスクールやスタジオ等の経営に直結する今後の少子化傾向により直面する諸問題と、問題も山積みである。

OVERTURE賞は、ジュニアミュージカルの発展を願い、休止期間もありますが、1997年からWEB上で発表している賞です。2014年からストレートプレイ賞を新設、2015年より投票方式となりました。


■2015年の状況

 ジュニアミュージカルは、日本経済の低迷から続く、企業のメセナ活動の低調傾向が響き、大規模公演がミュージカル「Annie」しかなく、商業ミュージカル自体もジョーズカンパニーのミュージカル「マイソング」とミュージカル座のミュージカル「ニッキー」等数作品しかない状況の中、ダンススタジオ等の育成組織による公演やワークショップ等を組み合わせた公演でかろうじてジャンルが保っている状況です。そんな中でも、アイドルブームと2.5次元ブームによって、ガールズ演劇が飛躍的に公演数が増え、以前より舞台に力を入れていたハロー!プロジェクトに加えて、AKB48グループ・乃木坂46・ももいろクローバーZといったトップアイドルの舞台も増えてきて、華やかな活況を得ている状況です。ミュージカル子役の次のステップとしてアイドルに転じる子も多く、アイドルとして舞台に立つ事も多くなってきました。近年、特にステージに力を入れているアイドルグループは、ミュージカルの対応力も有り、今後のミュージカルの発展に寄与していくと思われます。


<各賞の発表>


■ミュージカル部門

最優秀ミュージカル作品賞
AKB49〜恋愛禁止条例〜 SKE48単独公演

 漫画「AKB49〜恋愛禁止条例〜」を原作とした2.5次元ミュージカル。AKB48グループの楽曲のみを使用したジュークボックスミュージカル形式となっていて、ライブ感覚も味わえるミュージカルに仕上がっている。AKB48のバックステージ物でもあり、いろんな側面からも舞台を語れる話題が尽きない作品です。AKB48グループ全体での2014年9月の初演とは違い、本公演ではSKE48の単独公演ということで、チームワークからくる「AKB参上!」の魂のパフォーマンスは圧巻だった。

取材記事
http://www.musical-girls.com/Stage/AKB49ske/


・優秀ミュージカル作品賞
舞台「マジすか学園 」
Annie
リボンの騎士


■ストレートプレイ部門

・最優秀ストレートプレイ作品賞
じょしらく

 ガールズ落語家の漫画「じょしらく」を原作とした2.5次元舞台。原作では寄席の楽屋での日常会話や楽屋落ちに終始しているが、出演者が所属する実在の乃木坂46とのパラレルワールド化することで、舞台として昇華する事に成功している。出演者の乃木坂46のメンバーの活き活きとした演技も素晴らしかった。

取材記事
http://www.musical-girls.com/Stage/jyoshiraku/


・優秀ストレート作品賞
ヨルハ Ver.1.1
新・戦国降臨ガール
すべての犬は天国へ行く


■女優賞部門

最優秀主演女優賞 
古畑奈和(AKB49〜恋愛禁止条例〜 SKE48単独公演)

 初舞台初主演で、再演の難しさの中で、しなやかと力強さを併せ持つ浦山(浦川)を好演。特に2幕中盤のナンバー「僕の桜」の野球への夢が完全に打ち砕かれる演技をしつつ伸びやかな歌唱は白眉。ゲネプロのカーテンコールで、客席にいるメンバーへも含めてSKE48・SKE48メンバーへの想いを語り号泣する出演メンバーが居る等、座長としての信頼も得ていた。2016年年明け早々大型2.5次元ミュージカルの「花より男子」の出演も決まっており、これからの活躍が期待される。

優秀女優賞
玉川来夢(ヨルハ Ver.1.1 / 新・戦国降臨ガール)
高橋胡桃(魔銃ドナー)
生田絵梨花(リボンの騎士)

ベストパフォーマンス賞
田野優花(ウィズ~オズの魔法使い~ / 舞台「マジすか学園 」~京都・血風修学旅行~)
黒川桃花(Annie)
前田優奈(Annie)


■特別賞

・最多WEB閲覧作品
舞台「マジすか学園 」~京都・血風修学旅行~



<敬称省略>
----------------------------------
AKB49〜恋愛禁止条例〜
(C)元麻布ファクトリー・宮島礼史/講談社 (C)AKS

リボンの騎士
(C)ミュージカル「リボンの騎士」製作委員会2015


じょしらく
(C)久米田康治・ヤス/講談社