兒玉 遥・西葉瑞希が出演、舞台「私に会いに来て」が開幕

9月13日、新国立劇場・小劇場にて、舞台「私に会いに来て」が、初日の幕が開いた。
本作は、1996年に韓国で初演され、再演に再演を重ね約20年間ロングランを遂げた異例の国民的大ヒット舞台の日本版キャスト公演で、先日行われた第72回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを獲得したポン・ジュノ監督が、この作品を原作とし、2003年に映画「殺人の追憶」として公開。韓国アカデミー賞(大鐘賞)において4部門で賞を獲得し、出世作となった。出演は、主演の藤田 玲、中村優一、兒玉 遥、西葉瑞希、グァンス(SUPERNOVA)、栗原英雄 他が出演する。
実際の殺人事件の資料をもとに創作された本作。次々と起こる猟奇的殺人事件の捜査する中、様々な人間関係による人間模様が描かれ、濃密な舞台となっている。今回、アイドルから女優に転身した兒玉 遥が、本格的な舞台の初出演となり、捜査本部と社の方針の間に挟まれながら、己の正義感を貫くパク・ヨンオク記者を演じている。また、アイドルグループの「きゅい~ん’ズ」のメンバーとして活躍する西葉瑞希は、主演の藤田 玲が演じるキム刑事に惚れる茶房の従業員ミスキムとして花を添えている。
初日公演前のゲネプロを前にした囲み取材において、主演の藤田 玲は「一個一個詰めて稽古が出来たので、韓国の作品恥じないような日本バージョンが出来たかなと思っています。」、兒玉 遥は、「稽古場から丁寧に作り上げて、今回日本版として良い作品になっていると思います。観に来てくださったら、100パーセント良かったと思えると舞台だと思えるので、是非いろんな人に見て貰いたいです。」、西葉瑞希は、「重たい作品でありますが、皆さんに観て頂きたいなと思って、稽古を毎日をしました。是非観に来てください。」、と語った。囲み取材には、中村優一、グァンス(SUPERNOVA)、栗原英雄も参加した。
公演は、東京公演は、9月13日(金)から16日(月祝)まで新国立劇場 小劇場にて、大阪公演は、9月19日(木)・20日(金)サンケイホールブリーゼにて上演する

<会見写真>

左より、中村優一、グァンス(SUPERNOVA)、藤田 玲、栗原英雄、兒玉 遥、西葉瑞希

<ゲネプロ写真>






舞台「私に会いに来て」 

【出演】
藤田 玲/中村優一 兒玉 遥 西葉瑞希/グァンス(SUPERNOVA)/栗原英雄
大澤信児 高山猛久 田中 亮 畑中竜也 曾田彩乃 藤本かえで 髙石あかり / Anna(ヴァイオリン演奏)

【原作】
キム・グァンリム

【演出・映像】
ヨリコ ジュン

【上演台本訳】
後藤温子

【日時・会場】
2019年9月13日(金)~16日(月祝)東京・新国立劇場 小劇場
2019年9月19日(木)・20日(金)大阪・サンケイホールブリーゼ

【チケット料金】
全席指定8,800円(税込)

【チケット発売日】
先行発売:2019年6月15日(土)12:00~/一般発売:2019年8月4日(日)10:00~

【HP】
https://www.watashiniainikite.com/

【公式twitter】
@wataai_St

人気記事

おすすめ記事

  1. 虹
PAGE TOP

not right click on a picture