最新のステージ情報はこちら!!

乃木坂46鈴木絢音ら乃木坂メンバーがクイズ対決、舞台「ナナマル サンバツ」開幕

5月3日、「ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE ROUND2」が開幕。それに先立ち、関係者と報道陣にゲネプロが公開された。
本作は、ヤングエース(KADOKAWA刊)にて連載中の大ヒット青春漫画「ナナマル サンバツ」(原作:杉基イクラ)。高校での競技クイズを題材とした熱血ストーリーは、全国のクイズファンを中心に話題となり、西井幸人・鈴木絢音(乃木坂46)など実力派若手キャストにより2018年5月に初の舞台化され、大人気劇団「ヨーロッパ企画」とのコラボによって実現した。毎ステージ、クイズ内容が変わる「脚本なしのガチクイズ対決」は、何度見ても競技クイズの臨場感とスリルを体感できると好評を博した。
本作は、前作よりパワーアップし、前作での競技クイズの魅力に加え、競技クイズの大会での人間模様を描いていて、より競技クイズの世界を楽しめる舞台になっている。ガチクイズ対決は今回も行われ、前作では、深見真理役の鈴木絢音(乃木坂46)が無敵の強さを誇ったが、果たして今回は?
フォトセッションで挨拶に立った主演で越山識役の西井幸人は、「今回、お客様参加型演劇ということで、お客様にも〇×クイズをやってもらいます。恥ずかしがらず、観劇というよりは大会に出場する気持ちで来ていただければと思います。」、鈴木絢音(乃木坂46)は、「今回、女性キャストが増えまして、競技クイズは男性が活躍しているイメージがありますが、お芝居で女子の強さを見せられたらと思います。」、九条このみ役の向井葉月(乃木坂46)は、「稽古中も、皆さん温かい中で、やることができで、すごく大切な舞台です。私は負けるのが嫌いなので、(ガチ)クイズでは、優勝します。」、苑原千明役の吉田綾乃クリスティー(乃木坂46)は、「(役が)すごく頭がよくて、発言が賢いなと思っておりまして、私自身はそうゆうキャラクターではないので、この舞台を通じて変わったらと思ったり、ガチクイズでは、苑原さんはばりにボタン押し気持ちがあるので、1勝でもできるように頑張ります。」、朝比奈 栞役の阪口珠美は、「私演じる朝比奈と、吉田綾乃クリスティー演じる苑原との意味深な関係に注目して貰いたいです。」、とそれぞれ語った。
公演は、5月3日(金・祝)から5月8日まで、三越劇場にて上演される。








後列左より:中村嘉惟人、阪口珠美、向井葉月、吉田綾乃クリスティー、横井翔二郎
前列左より:大歳倫弘(演出・脚本)、小澤亮太、西井幸人、鈴木絢音、諏訪雅


『ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE ROUND2』

文蔵高校の新入生、越山識は、読書好きで引っ込み思案な「本の虫」。
彼はひょんな ことから、クイズ研究会による<新入生早押しクイズ大会>に参加させられてしまう。
クラスメイトの競技クイズ経験者・深見真理の圧倒的な早押しに戸惑うばかりの識だっ たが、読書から得た知識と推理によって、見事、難問に正解する。はじめて体験した 「正解する感動」が冷めやらぬなか、持ち前の知識を見込まれ、真理から他校との合 同クイズ大会「例会」に誘われる識。
そこで《競技クイズ》の熱く厳しい世界を目の当たりにした識は、次第にクイズの魅力 に惹かれていく。
そして夏休み、全日本U-18クイズ選手権SQUARE関東予選を前に文蔵高校クイズ研究 会の面々は、会長・笹島学人の故郷である京都で合宿を張ることになる。
そこで識は クイズのさらなる奥深さを体験する。 笹島の熱血指導で成長した識たちは

■公演期間: 2019年5月3日(金・祝)~5月8日(水)
■公演会場: 三越劇場 ■チケット情報: 一般発売 2019年3月9日(土)
■原作: 『ナナマル サンバツ』 杉基イクラ (『ヤングエース(KADOKAWA刊)』連載中)
■脚本・演出: 大歳倫弘(ヨーロッパ企画)
■出演: 西井幸人・鈴木絢音(乃木坂46)・小澤亮太・中村嘉惟人・横井翔二郎・菊池修司・加藤里保菜/
吉田綾乃クリスティー・向井葉月 ・阪口珠美(以上3名 乃木坂46)/
石田剛太・角田貴志・ 諏訪雅(以上3名 ヨーロッパ企画)・本折最強さとし/
吉田尚記(ニッポン放送)
■企画・製作:「ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE 」製作委員会

★公式サイト: http://7o3x-stage.jp/
★公式Twitter : @7o3x_stage

人気記事

おすすめ記事

REVIVAL!! ON DEMAND
PAGE TOP

not right click on a picture