最新のステージ情報はこちら!!

演出家・三浦大輔による映画、演劇ワークショップ「『映像』『舞台』、両方できる役者になる」銀座九劇アカデミアにて3月開催決定

演劇ユニット・ポツドールの主宰で、劇作家、映画監督とマルチに活躍する三浦大輔が、映画、演劇ワークショップ「『映像』『舞台』、両方できる役者になる」を、3月に銀座九劇アカデミアにて開催することが決定した。同ワークショップは、「映像を前提とした演技」と「舞台を前提とした演技」の違いと共通点を考え、それぞれの基礎体力をしっかりつけるというもの。三浦作品の台本を使い、実際にカメラの前と観客の前での意識の違いを体感しながら演じ、同時にその過程において自身と向き合い、映像、舞台、それぞれの分野で、個々が役者として生き抜く術を見つけることを目指します。

今回のようなテーマでワークショップをするのは初めてだという三浦。「映像、舞台、偏りなくやっている自分だからこそ、伝えられるものがあるような気がしています」と意気込む。「もちろん、演技するということにおいては一緒ですが、技術的な面では、それぞれに求められるものは、けっこう違います。そこを考え抜いてもらって、映像、舞台、それぞれの『コツ』をしっかりと掴んでいただきたい」と思いを語り、「最終的に、結局、本質は一緒だという意識まで到達できればシメたものです。欲張って、両方できる役者になりましょう」と呼びかけている。

三浦大輔ワークショップ「『映像』『舞台』、両方できる役者になる」は、3月18日(月)、20日(水)、22日(金)、24日(日)の4日間開催。今回ワークショップを開催する銀座九劇アカデミアは、女優の長谷川京子や新垣結衣らが所属するレプロエンタテインメントが運営するワークショップスタジオ。「プロフェッショナル」を育む場として、ニューヨークの演劇学校『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』の主任講師を始め、長塚圭史、蓬莱竜太、演劇集団キャラメルボックスなど、上質なワークショップを多数開催している。申込み方法などの詳細は、銀座九劇アカデミアのホームページから確認しよう

<銀座九劇アカデミア>
https://asakusa-kokono.com/academia/
所在地:東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル2階&中3階
問い合わせ先:03-5759-8009

三浦大輔ワークショップin銀座九劇アカデミア
「『映像』『舞台』、両方できる役者になる」

<スケジュール(開始日~終了日)>
2019年3月18日(月)、20日(水)、22日(金)、24日(日)

<イベント詳細>
映像を前提とした演技、舞台を前提とした演技、その違いと共通点を再度、考え、それぞれの基礎体力をしっかりとつけてもらおうと思います。三浦大輔作品の台本を使い、実際に、カメラの前、そして、観客の前、その意識の違いを体感しながら演じてもらいます。同時に、その過程において、自分自身と向き合い、映像、舞台、それぞれの分野で、個々が役者として、生き抜く術を見つけてもらえることを願います。

募集要項
<全4回>※全日程 参加可能な方 ※2クラス制(クラスをお選びください)
3月18日(月)①12:00~16:00②17:00~21:00
3月20日(水)①12:00~16:00②17:00~21:00
3月22日(金)①12:00~16:00②17:00~21:00
3月24日(日)①12:00~16:00②17:00~21:00
・参加費:30,000円(税別)
・各クラス 最大20名(応募者多数の場合は選考をさせていただきます)
・応募条件:18歳以上(未成年の場合は保護者承諾必要)
・定員に達し次第締め切ります。締め切り日時点で応募多数の場合は選考があります。

三浦大輔コメント
今までワークショップを何度かやってきましたが、今回のようなテーマでやることは初めてです。映像、舞台、偏りなくやっている自分だからこそ、伝えられるものがあるような気がしています。俳優さんにとっても、両方を偏りなくやることを理想としている人は多いはずです。もちろん、演技するということにおいては一緒ですが、技術的な面では、それぞれに求められるものは、けっこう違います。そこを考え抜いてもらって、映像、舞台、それぞれの「コツ」をしっかりと掴んでいただきたい。そして、最終的に、結局、本質は一緒だという意識まで到達できればシメたものです。欲張って、両方できる役者になりましょう。
テキストは僕の作品の台本を使います。これはジャンル関係なく、演技することの「恥ずかしさ」についても、もう一度、考え直す機会になってほしいと思っています。短い期間です。大いに恥をかきに来てください。いい出会いになることを期待しています。

三浦大輔プロフィール
1975年12月12日生まれ。北海道出身。脚本家、演出家、映画監督。早稲田大学の演劇サークルを母体に、96年に演劇ユニット・ポツドールを結成。以降、主宰として全本公演の作・演出を手掛ける。06年、『愛の渦』にて第50回岸田國士戯曲賞受賞。近年の主な舞台『失望の向こう側』(14/作・演出)、『母に欲す』(14/作・演出)、『禁断の裸体』(15/演出)、『娼年』(16/脚本・演出/原作:石田衣良)、『そして僕は途方に暮れる』 (18/作・演出)等。映画作品に『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/脚本・監督/原作:花沢健吾)、『愛の渦』(14/原作・脚本・監督)、『何者』(16/脚本・監督/原作:朝井リョウ)、『裏切りの街』(16/原作・脚本・監督)、『娼年』(18/脚本・監督/原作:石田衣良)がある。

人気記事

おすすめ記事

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
PAGE TOP

not right click on a picture