最新のステージ情報はこちら!!

ことのはbox 第9回公演 『 見よ、飛行機の高く飛べるを 』公演情報解禁

「良質な戯曲を取り上げ、上質な舞台創作を目指す」をコンセプトに、2014年11月に設立された原田直樹氏と酒井菜月氏による「ことのはbox」は、2018年末に劇団員を募り2019年より劇団として活動する。
2015年(旗揚げ公演)、2018年(第6回公演)に上演し、好評を博した永井愛さんの名作戯曲の再々演。シアターグリーン演劇祭 グリーンフェスタ2018にて「BOX in BOX賞」を受賞した当団体の人気演目を再び上演。
出演者には、W主演の杉坂初江役にことのはbox初出演の小野寺ずる、光島延ぶ役に廣瀬響乃、松本祐⼀の他16名のキャストが出演する。
公演は、3月13日(水)から3月17日(日)まで、中目黒キンケロ・シアターまで。


杉坂初江役
小野寺ずる


光島延ぶ役
廣瀬響乃


ことのはbox 第9回公演
『 見よ、飛行機の高く飛べるを 』

明治時代を生きる “ 新しい女性の生き方 ” を模索した少女達の青春群像劇

「女子にも無限の可能性があると言いてぇあのです。
飛ぶなんて、飛ぶなんてことが実現するんですもん。女子もまた、飛ばなくっちゃならんのです。」

1911(明治44)年10月。
名古屋の第二女子師範学校では、教師を目指す少女たちが日々勉強に励んでいた。
開校以来の優等生・光島延ぶは、ある日、良妻賢母教育に反抗する変わり者、杉坂初江と出会う。
平塚らいてう、与謝野晶子ら、「新しい女」に憧れる初江は、女性のための雑誌を作りたいと延ぶに打ち明ける。
お調子者のちか、恋に恋する婦美、しっかり者のマツたちも巻き込み、回覧雑誌「バード・ウィメン」の編集作業が始まった。

しかしその夜、「事件が」が起きて……

学校が、大人たちが押し付ける「女の生き方」に異を唱え、自分たちの人生を切り開こうとした、延ぶ、初江、若き少女たちの戦いの結末は……?

脚本:永井愛(二兎社)
​演出:酒井菜月

出演
小野寺ずる、廣瀬響乃、松本祐一(株式会社bamboo)、赤崎貴子、田中菜々、難波なう、篠田美沙子(ことのはbox)、梅山涼(☆NonSugar)、栗田真衣(ことのはbox)、岡田花梨(株式会社ブルーベアハウス)、岩堀美紀、岩田玲(劇団プレステージ)、加藤大騎(株式会社GFA)、CR岡本物語(空想嬉劇団イナヅマコネコ)、鍋倉和子(明治座アートクリエイト)、山崎亨太(劇団TIRNANOG)

日程
2019年3月13日(水)〜17日(日)

会場
中目黒キンケロ・シアター
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」より徒歩8分

料金
全席指定席
一般 = 前売 4,500円 / 当日 5,000円

スタッフ
舞台美術:門馬雄太郎 / 照明:正傳静(劇団ハイデンカン) / 音響:井上匠(Otochondria) / 舞台監督:吉川尚志 / 演出助手:岡崎良彦 / 衣装:Natsuko. / ヘアメイク:rina / 宣伝美術・パンフレット:佐倉和泉 / スチール撮影:瀧本鐘子(sound-beige) / チラシ表写真:Rica / WEBデザイン:古賀留美
プロデューサー:原田直樹 / 制作:ことのはbox

公式サイト
http://www.kotonoha-stage.com/

人気記事

おすすめ記事

REVIVAL!! ON DEMAND
PAGE TOP

not right click on a picture