最新のステージ情報はこちら!!

道重さゆみが内藤ルネとコラボ『SAYUMINGLANDOLL ~東京~』開幕

2018年10月16日(火) 、 東京・丸の内のコットンクラブ にて、 BS-TBS 主催による、 『SAYUMINGLANDOLL ~東京~』 が開幕した。
『SAYUMINGLANDOLL』 は、 「コンサート」でも「ミュージカル」でも「ディナーショー」でもない、 音と光、 そして映像とイリュージョンが織り成す、 新感覚のパフォーマンスで、 モーニング娘。 卒業から2年4ヶ月、 2017年に活動を再開した 道重さゆみ のライフ・プロジェクトともいえる公演で今回第三弾をむかえる。
本編はノンバーバル(いっさい話さない)、 歌(公演ごとの書き下ろし曲とモーニング娘。 のカバーで構成)とダンスと映像、 視覚効果でストーリーが進行していきます。 これまでに 『SAYUMINGLANDOLL~再生~』 公演、 『SAYUMINGLANDOLL~宿命~』 公演を行い、 今回の 『SAYUMINGLANDOLL~東京~』 公演がその第三弾となる。

『SAYUMINGLANDOLL~東京~』 の特筆すべきところは、 日本のガールズポップカルチャーを開拓したともいわれる 内藤ルネ とのコラボ。
公演に当たって、 道重さゆみ は、 その 内藤ルネ とのコラボに関して、 「“かわいい”っていろいろ種類があると思う」、 「内藤ルネさんの描く“ルネガール”のかわいさが本当に好きで、 帽子どの細かいところの手書きにも感動して、 いつかこんな風になりたいなって思っていたので、 こうしてコラボできてすごく嬉しい」と語る。

また、 公演の最後には、 既に発表されている、 2018年11月13日(火)~18日(日) まで、 大阪STUDIO PARTITA の告知、 と、 2019年1月11日(金)~20日(日) に、 今回と同じく、 東京・丸の内のCOTTON CLUB での 追加公演 も発表された。

チケットは、 本日より、 ファンクラブ先行にて発売される。



「SAYUMINGLANDOLL~東京~」公演(2018年~)

<あらすじ>
2018年、 東京。
ヨウコ(道重さゆり)は、 いなくなった母を探して田舎から東京にやってきた。 渋谷の人ごみに押され、 途方に暮れているところ、 二羽のツバメと出会う。 こうしてヨウコは、 東京に詳しいツバメたちに助けられ、 母を探す旅に出る。
母の記憶をたどりながら、 原宿から新宿、 秋葉原へ。 少しずついろんな情報を得て、 浅草から銀座、 六本木へ。
そしてついに母親を見つけるのだが……

東京公演:2018年10月16日(火)~21日(日)COTTON CLUB
大阪公演:2018年11月13日(火)~18日(日)STUDIO PARTITA
東京追加公演:2019年1月11日(金)~20日(日)COTTON CLUB
●作・演出:太田善也
●音楽:つんく♂・たいせい・大森靖子・大久保薫・中村千尋
●振付:YOSHIKO
●プロデュサー丹羽多聞アンドリウ(BS-TBS)

音楽担当の5人には、 それぞれが「東京」もしくは「東京の街」をイメージして曲を書き下ろしてもらい、 今回は昭和を代表するマルチクリエーター 内藤ルネ氏との初コラボが実現。
ルネのキュートなイラストの世界を織り交ぜたパフォーマンスは必見!

※内藤ルネ(1932-2007)
愛知県岡崎市生まれ。 19歳で中原淳一に呼ばれ上京。 1960年、 少女誌『ジュニアそれいゆ』の表紙を担当し、 大ブレイク。 以降は、 活動の幅を広げ、 学年誌の付録やキャラクターグッズなどのデザインも手がける。 世界初のパンダキャラクター「ルネパンダ」が爆発的なヒット。 日本のガールズポップカルチャーを開拓、 確立させたことから「Roots of Kawaii」と称されているマルチクリエーターです。
内藤ルネ公式HP: https://www.naitou-rune.jp/

人気記事

おすすめ記事

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
PAGE TOP

not right click on a picture