最新のステージ情報はこちら!!

新作ミュージカル『いつか〜one fine day』上演決定

『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!』『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』『ミュージカル深夜食堂』をプロデュースするconSeptが、脚本・作詞・演出は板垣恭一、作曲は桑原まこ、出演に藤岡正明、皆本麻帆らを迎え初となるオリジナル・ミュージカルを2019年4月、シアタートラムにて上演。
新作ミュージカル『いつか〜one fine day』は、韓国でコンスタントに人間ドラマを描き続ける映画監督イ・ユンギの2017年最新作『One Day』(主演:キム・ナムギル、チョン・ウヒ)をベースに、ストレート・プレイやミュージカルのフィールドで説得力ある作品を創り続ける板垣恭一(脚本・作詞・演出)による新たな解釈でオリジナル台本に生まれ変わる予定。音楽は映像から舞台まで活躍の幅を拡げている新鋭・桑原まこ(作曲・音楽監督)が担当する。
主演は大作ミュージカル(『ビリー・エリオット』『タイタニック』)だけでなく近年は『欲望という名の電車』を通してストレートプレイでも評価の高い藤岡正明と、大小様々な舞台をはじめテレビやCM、映画などでも活躍目覚ましい皆本麻帆が務める他、入来茉里、小林タカ鹿、佃井皆美、和田清香というジャンルを超えた個性豊かな実力派、期待の若手、内海啓貴、荒田至法という8名が共演する。
物語は妻を病気で亡くした保険調査員・テル(藤岡)と事故で植物状態にある目の見えない女性・エミ(皆本)の交流を中心に、何を大事にして生きていけばいいか、登場人物それぞれに自分自身と向き合う物語を描いていく。
本作は2018年4月に東京芸術劇場シアターイーストで上演された『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』に続くconSeptのMusical Dramaシリーズ第2弾として、人生の中で誰もが一度は向き合うことになる瞬間を繊細で温かく切り取り生演奏とともにお届けする。
続報は11月に発表する。

ミュージカル『いつか〜one fine day』

原作:映画『One Day』
脚本・作詞・演出:板垣恭一
作曲・音楽監督:桑原まこ

【出演】
藤岡正明
皆本麻帆

入来茉里
小林タカ鹿
内海啓貴

佃井皆美
和田清香
荒田至法

【公演時期】2019年4月
【会場】シアタートラム

【スタッフ】
美術:乘峯雅寛
照明:三澤裕史
音響:戸田雄樹
衣裳:KO3UKE 
振付:下司尚美
演出助手:守屋由貴
稽古ピアニスト:高野直子
舞台監督:齋藤英明
宣伝:大林里枝
制作:ウォン・ジヘ
制作助手:深沢麿央
プロデューサー:宋元燮

【企画・製作・主催】conSept
【公演公式サイト】www.consept-s.com/itsuka

Based on the Korean Motion Picture ‘One Day’ directed by LEE Yoon-ki and produced by Invent Stone.

人気記事

おすすめ記事

NGT48 LIVE!! ON DEMAND
PAGE TOP

not right click on a picture