最新のステージ情報はこちら!!

ブロードウェイ・ミュージカル「ピピン」、来年6月、城田優 主演で日本版上演決定

2013年に、気鋭の演出家ダイアン・パウルスの手によって、アクロバットを取り入れたエキサイティングな新演出で同年のトニー賞でミュージカル部門・最優秀リバイバル作品賞など4部門を受賞、2015年には大好評を博したブロードウェイ・ミュージカル「ピピン」の日本人キャスト版が、来年6月に上演されることが決定した。
主演を務めるのは、今年4月に「ブロードウェイと銃弾」のチーチの演技で菊田一夫演劇賞を受賞した俳優、城田優。2013年にブロードウェイでこの公演を観て衝撃を受けたという城田優は本日、自ら手掛けるコンサート「Studio E 1st」の中で、ピピンの曲「Corner of the Sky」を熱唱し、来年6月、ピピン役に挑むことを発表した。

『ピピン』は、ありきたりの人生は送りたくないと悩む若き王子・ピピンが、自分の人生には「素晴らしい意味(Something Extraordinary)」があると信じて、様々な体験をしながら人生の意味を探し求める「自分探しの旅」を、アクロバティックでスペクタクルな演出、フォッシースタイルを踏襲したコミカルでセクシーなダンス、スティーヴン・シュワルツのエネルギーあふれる歌で展開していく、豪華絢爛な舞台。


Photo By Terry Shapiro The Cast of the National Touring Production

王子役というイメージにぴったりの城田優は、すでにブロードウェイのクリエイター陣とのワークショップも終えています。「みなさん優しくて、暖かくてプロフェッショナルで、稽古が今から楽しみです。ブロードウェイの演出そのままに上演するので、日本ではなかなか見られないアクロバティックな演出で、僕自身が実際に観た時の感動とエネルギーをそのまま日本でお客様にお届けしたいですね」と城田優は意気込みを語りました。

リバイバル版の演出を手掛けるのは、今最も勢いのある演出家のひとり、ダイアン・パウルス。昨年来日したミュージカル『ファインディング・ネバーランド』(現在全米ツアー中) や、『ヘアー』(トニー賞、最優秀リバイバル)などの演出を手がけ、2014年には、タイム誌の選ぶ「世界で最も影響力のある100人に選ばれました。ダイアン・パウルスは、「私は『ピピン』を日本で演出できること、そして、素晴らしい(Extraordinary)城田優さんとの仕事を大変楽しみにしています。トニー賞に輝いたこの公演を日本で再び作れることは私にとって、まさに”夢が叶う”ということなのです!」と、喜びと期待を寄せています。

日本版の上演は東急シアターオーブほか、2019年6月から。他の出演者や地方公演、チケットの情報は後日発表されるとの事。


ⓒ Suzan Lapides 2012

ダイアン・パウルス(演出家)
ハーバード大学アメリカン・レパートリー・シアター(A.R.T.)芸術監督。ブロードウェイ:『ウェイトレス』『ファインディング・ネバーランド』『ガーシュイン:ポーギーとベス』(トニー賞最優秀リバイバル、NAACP賞最優秀演出家賞)『ヘアー』(トニー賞、最優秀リバイバル)など。A.R.T.では、2018年5月より『Jagged Little Pill』が上演中。その他:シルク・ドゥ・ソレイユ『アマルナ』(現在、南米ツアー中)。ハーバード大学英文科、教授(実践演劇)。

人気記事

おすすめ記事

NGT48 LIVE!! ON DEMAND
PAGE TOP

not right click on a picture