最新のステージ情報はこちら!!

ミュージカル「AKB49 ~恋愛禁止条例~」SKE48単独公演


3月13日、中日劇場(名古屋)にて、ミュージカル「AKB49 ~恋愛禁止条例~」SKE48単独公演の初日前日に関係者・報道陣を集めて公開ゲネプロが行われた。

ミュージカル「AKB49 ~恋愛禁止条例~」は、講談社「週刊少年マガジン」連載の人気コミック「AKB49 ~恋愛禁止条例~」(原作:元麻布ファクトリー 漫画/宮島礼吏 構成協力/高橋ヒサシ)が原作で、AKB48を題材とした人気コミックを、現役のAKB48グループのメンバーが演じるミュージカルとして、9月に東京にて公演が行われた際に大変好評で、再演や続編を望む声が多く、晴れてSKE48の単独公演として再演されることになった。

あらすじは、アイドルにはまったく興味なく、野球に情熱を傾けていた浦山実(古畑奈和)は、肘の故障で野球を断念せざるを得なくなり、「夢」を持つ事に懐疑を抱き世の中を醒めた目で見ていた。しかし、憧れの同級生・吉永寛子(北川綾巴/宮前杏実*Wキャスト)の夢を応援する為に女装し”浦川みのり”としてAKB48のオーディションに潜入。緊張すると自分を出すことのができない吉永に助け舟を出す。その甲斐あって吉永は合格するが、プロデューサーの秋元康に目に止まり、合格やAKB48への加入までは考えてない浦山も合格する。吉永と一緒に居られると喜ぶ浦山だったが、岡部愛(高柳明音)ら先輩研究生から厳しいシゴキが待っていた。プロデューサー秋元康から与えられた試練によって、研究生の仲間やファンや陰で支えるスタッフによってAKB48研究生”浦川みのり”としても浦山実としても大きく成長し、「夢」について懐疑的だった心に再び火が灯る。

舞台としては、既存の曲を劇中で使用するミュージカル「マンマ・ミーア!」に代表されるジュークボックス・ミュージカルと位置づけられる作品であり、AKB48の既存の楽曲が次々にステージで歌われる。当初はオリジナルの楽曲で企画されていたが、AKB48グループ全体で約700曲以上ある楽曲から当てはめる事ができる事から、ジュークボックス形式になった経緯からして、まったく違和感無く舞台に溶け込んでおり、ミュージカル「マンマ・ミーア!」のように、観客と一体となるライブ感覚が味わえるシーンも有る。脚本も、浦川みのりや研究生達が成長していく姿をAKB48を知らない人が見ても理解できる話になっており、ファンなら知ってる小話やネタも散らばめてあり、誰が見ても楽しめる作品になっています。

出演メンバーで、ミュージカルやストレートプレイの経験のある子の出演が少なく、殆どの出演者が初舞台が多数を占めるが、日頃の活動からのステージ力の高さと、舞台経験の慣れから来る演技テクニックに頼る事もないストレートな彼女らの想いが伝わってきて感動してしまう。配役的に主演や準主演等はあるのかもしれませんが、登場人物のAKB48研究生それぞれの思いや物語があり、演じるSKE48のメンバー達も日頃の活動の中の想いをそれぞれの演じるAKB48研究生に重ねてるところもあると思うので、どの登場人物も魅力的である。初舞台の多いカンパニーとは思えませんでした。

SKE48の劇場公演(ライブ公演)で今回のミュージカル公演が告知された際、このミュージカルをSKE48のルーティンワークにしたいとの構想を語っていましたが、どういう形であるにせよ再演や続編を行って欲しいと思います。


cast
ゲネプロの前に記者向けに取材が行われ、意気込みを語りました。

宮前杏実(SKE48) : 私は役作りの為に前髪を切ったですが、本番まで残りわずかということで、来てくださる皆さんに、思いが届けばいいなと思います。

北川綾巴(SKE48) : 綾巴は演技できるの? と言われるのですが、自分の殻を破れる様に、一生懸命頑張るので、宜しくお願いします。

古畑奈和(SKE48/AKB48) : 今回、ミュージカルを初めてやるメンバーが多く、ましては再演で緊張するし、不安もたくさんなんですが、私達の強みはメンバーが集まったときは、ありえない凄いパワーを発揮すると思っているので、みんなで協力し、楽しみながら、SKE48がもっと広がるように頑張りたいと思います。

高柳明音(SKE48/NMB48) : 今回SKE48単独での舞台と言うことで、最初聞いたときは不安がたくさん有って、中日劇場って名古屋では有名な場所で、1500人の席が埋まるのかって不安もあったのですが、ファンの皆様が観に来てくださるって聞いて、(チケットが)売り切れてるよって話も聞いて、その分私たちもそれに応えないといけないと思ったし、でも何より稽古も毎日楽しくて、今日まで笑いながら泣きながら頑張ってきたので、今日・明日・明後日存分に発揮してSKE48はここまでできるんだってところを見せたいと思います。

cast2
初舞台の不安を語るメンバー達の為に、ミュージカル経験者の佐藤すみれさん(2列目右2人目)に、初舞台を迎えるメンバーにアドバイスをしてもらいました。いきなりの指名に動揺を隠せないすみれ先生は、初舞台を迎えるメンバー達の「アドバイスお願いします!!」の声に押され、語り始めました。

佐藤すみれ(SKE48) : 言える事は、毎日の稽古で家に帰ってノートに書き出して、(それぞれに)言ったつもりなんですが、今言える事は、アイドルではない自分を見せられたらと思うので、レッスン場でもアイドルを捨てきれないところが有るので、”私は女優なんだ”ってアイドルを振り切る。

って答えていただきました。

ミュージカル「AKB49 ~恋愛禁止条例~」SKE48単独公演は、3月14日から15日まで、中日劇場にて上演されますが、残念ながら完売で当日券は出ないようです。


titel02

STORY

夢も無ければやる気も無いフツーの高校生 浦山実は
憧れの同級生 吉永寛子の夢を応援するために一念発起。
女装して“浦川みのり“を名乗りAKB48のオーディション会場に潜入する。

神の悪戯でオーディションに合格してしまった彼女(?)は、
ライバルや仲間達と磨き合いながら研究生として成長していく。
そんな中、彼女達に最大の試練が与えられることに…。

様々な思いが交錯する青春サクセスストーリー!!

CAST

浦川みのり・浦山実 古畑奈和(SKE48/AKB48)
吉永寛子 北川綾巴(SKE48) 宮前杏実(SKE48)
※Wキャスト
岡部愛 高柳明音(SKE48/NMB48)
  東 李苑(SKE48)
二村春香(SKE48)
大場美奈(SKE48)
佐藤すみれ(SKE48)
梅本まどか(SKE48)
山内鈴蘭(SKE48)
矢方美紀(SKE48)
熊崎晴香(SKE48)
加藤るみ(SKE48)
日高優月(SKE48)
神門沙樹(SKE48)
酒井萌衣(SKE48)
山田樹奈(SKE48)日野陽仁

STAFF

原作:元麻布ファクトリー 漫画/宮島礼吏 構成協力/高橋ヒサシ
『AKB49~恋愛禁止条例~』(講談社「週刊少年マガジン」連載)
脚本:御笠ノ忠次
演出:茅野イサム

日程

2015年3月14日(土)・15日(日)


3月
14日
(土)
15日
(日)
11
14
18

●北川 ★宮前
※客席開場は開演の45分前
※未就学児入場不可

会場

中日劇場
(WEB)

料金

全席指定:6,800円
(SOLD OUT)
#当日販売なし

制作

ネルケプランニング

製作

Y&N Brothers/AKS/ネルケプランニング

主催

中日新聞社

公式サイト
http://www.nelke.co.jp/stage/akb49_ske/

公演の詳細は、公式サイトを御参照ください。


人気記事

おすすめ記事

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
PAGE TOP